Integra RESEARCH、“革新的”な“究極”への到達。

“革新”それは新しい構想や方式を導入すること。“究極”それは最高品質への到達。一つの企業がこの二つの理念の実現に向けて取り組むと、想像を超えた成果を生むことがあります。さらにこの理念のもとに、世界有数の実績を持つ企業が結集し、独自の最先端技術を統合(integrate)させると、“革新”や“究極”という言葉が持つ本来の意味を超越してしまうほどの製品を開発することができるのです。
Integra RESEARCH には、シンプルな中に革命的なコンセプトを持たせています。それは、ホームエンターテイメントの質をこれまでにない領域まで高めること。そしてその志の高いゴールに到達するために、最前線のテクノロジーを持つ3社、THX、Balanced Audio Technology、Apogee Electronics とのコラボレートを図りました。その結果、先端テクノロジーを調和・融合させることによって、比類の無い壮大な音と映像を提供することができたのです。
THX 認定によるIntegra RESEARCH には、プロフェッショナル技術による洗練されたビデオ回路、充実した入出力端子、振動やノイズを最小限に抑える屈強でクリエイティブな筐体構造、i.LINK(IEEE1394)やHDMI(High Definition Multimedia Interface)など最新インターフェイス、そして最高水準のパワートランスやコンデンサーによる電源回路などの、頂点を極めた職人技術が数多く凝縮されています。そして、映画や音楽を問わずソースをより忠実に再現するために、これら各々の全てが重要な役割を果たしているのです。
THX、BAT、Apogee とのコラボレーションによる技術力の集大成、Integra RESEARCH。映画や音楽を愛する全ての人々に、コンテンツ本来の魅力あふれる臨場感や迫力を存分に体験していただきたい、それが私たちの願いです。



ホームシアターの世界標準...THX

1982年、かのジョージ・ルーカスが、映画館のサウンドを向上させたいとエンジニア達に課題を投げかけたのが、THX 規格誕生のきっかけです。当初は劇場を対象とした規格であり、認定されたシアターの数は既に3000件以上、その数は現在でも増加し続けています。そして、これら認定シアターのクオリティを家庭で再現するために設けられた規格がホームTHX です。つまりマルチプレックス・シアターから世界中の家庭に至るまで、THX ブランドは最高のエンターテイメントを一貫して提供し続けているといって過言ではありません。オンキヨーはTHX 社と10年前からコラボレーションを進め、世界初のTHX規格認定レシーバーを開発。以来、米国市場を中心に世界のシアター界のリーダーとして認められるようになりました。Integra RESEARCH も同様、全製品をTHX Ultra 規格準拠とするだけでなく、THX 規格による7.1ch 再生方式のTHX サラウンドEXを採用することで、エンターテイメントへの深い造詣から端を発した同規格のポリシーを反映した仕様となっています。




感動を伝える源流、素性の良い音...BAT

BAT(Balanced Audio Technology)社は、1995年設立以来、確かな感性と技術力に裏付けられたハイエンド・オーディオ製品を送り出していることで知られています。ハッとするような音場感を持ち、余分な着色のないサウンドを忠実かつ正確に再生するという同社のコンセプトは、非常に強力な電源システムと、優雅なまでにストレートな回路構成を組み合わせるという、同社のトレードマークともいえる独創的な設計思想に集約されています。そしてこのコンセプトに基づいて開発されたRDA-7.1でもまた、、躍動感あふれるサウンド再生が実現されています。




ハリウッドの感性を家庭で...APOGEE

1985年にカリフォルニア州サンタモニカで設立され、プロ用デジタルオーディオ変換システムの世界的リーダーとして認められているAPOGEE社。アメリカ中のマスタリングスタジオの約90%で採用され、数多くの優れたサウンドトラックを輩出した同社によるクロックシステム「Low-Jitter Clock」を、Integra RESEARCH ユニバーサルプレーヤーとコントロールアンプに搭載しています。回路内すべてのデジタル信号処理を同期させるという重要な役割を、同社ならではの高精度な回路に担わせることで、映画/音楽を問わず、民生機においては比類ないほどの正確な音場イメージを再現します。